2010年02月02日

小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は29日夜、松山市内で開かれた同党の友近聡朗(としろう)参院議員のパーティーであいさつし、「私ももう少し頑張らせていただきたい。元気な限りは、彼(友近氏)の政治家としての成長のためにも力添えをさせてもらいたい」と述べ、幹事長続投に改めて意欲を示した。

「海外からでも納税できる」遼君、ネット申告PR(読売新聞)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金−東北工事で小沢事務所(時事通信)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用−京都府警(時事通信)
石川遼選手、今年もe−Tax=劇団四季「キャッツ」も模擬体験(時事通信)
菜の花 満開で一足早い春 神奈川県二宮町の吾妻山公園で(毎日新聞)
posted by ミゾグチ マサミ at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県、八ツ場ダムの生活再建事業入札開始 政府は見直し示唆(産経新聞)

 政府が中止を表明している群馬県長野原町の八ツ場(やんば)ダム建設問題で、群馬県は1日、同ダムの生活再建事業の一つである「湖面1号橋」(同町川原湯地区〜川原畑地区)の橋脚2基の工事の一般競争入札を開始した。3日まで電子入札方式で行われ、4日に開札、5日に業者を決定する予定。

 湖面1号橋をめぐっては、1月24日に開かれた地元住民と前原誠司国土交通相との意見交換会で、住民側が「生活再建に絶対に必要」と主張。これに対し、前原国交相は同橋建設への明言を避け、同月29日には、同省の三日月大造政務官が群馬県を訪れ、大沢正明知事らに入札見直しを示唆するなどしており、入札後に工事の中止が決まれば、混乱が生じる可能性もある。

 県特定ダム対策課などによると、湖面1号橋はダムをまたいで代替地間を結ぶアクセス道路で、事業主体は県だが、総事業費約52億円の約4割は国費でまかなわれる。大部分が未着工で、4基ある橋脚のうち、1基が着工されている状態。

【関連記事】
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
住民、にじむ不安「いつまで悩まされる」 八ツ場ダム意見交換
初対話で「中止」陳謝も住民との溝くっきり
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場 希望探す住民 一度沈んだ「ダムの底」 狂った人生「いつまで」

押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
医療ADRに関する連絡協議会を設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)
首相不起訴は「不当」 検審に申し立て(産経新聞)
残留孤児の身元特定できず=2年ぶりゼロ−厚労省(時事通信)
<本埜村>合併で消滅、新村長の任期は43日…2月2日告示(毎日新聞)
posted by ミゾグチ マサミ at 02:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。