2010年05月28日

<口蹄疫>牛に対するワクチン接種始まる 3市3町で実施(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、発生農家の半径10キロ圏内の家畜へのワクチン接種は2日目の23日、宮崎市など3市3町で引き続き実施され、この日は牛に対しても接種が始まった。現地対策本部の山田正彦副農相は「少なくとも4日間で終わらせたい」と述べ、25日までには圏内の対象約14万5000頭への接種を終えるとの見通しを示した。

 この日は、獣医師を初日より30人増やして57人とし、補助員らで構成する57チームが作業に当たった。山田副農相はまた、県から救済要請のあった県家畜改良事業団の49頭の種牛について「本来殺処分対象になるので(要請自体に)驚いている。他の農家に示しがつかない。特別扱いはできない」と改めて否定的な見方を示した。

 一方、同県えびの市は、口蹄疫の感染確認が13日を最後に10日間ないことから、新たな感染がないことを証明する清浄性検査に24日着手する。来月4日をめどに、家畜伝染病予防法に基づく移動・搬出制限区域の解除を目指す。【石田宗久、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:産地切り替え困難 種牛殺処分
四日市市議:ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」
口蹄疫:自慢の息子が…絶句 「忠富士」育ての親
口蹄疫:事態の早い終息祈る 種牛殺処分
口蹄疫:スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃

「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)
送金規制強化を検討=北朝鮮制裁「姿勢示す」―菅財務相(時事通信)
「無駄」「根拠示して」 天下り法人ばっさり 仕分け第2弾後半戦(産経新聞)
<普天間移設>首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)
睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ−SASネット(医療介護CBニュース)
posted by ミゾグチ マサミ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。