2010年03月02日

プリンス・オブ・ウェールズ (空母)

HMS プリンス・オブ・ウェールズ(英語: Prince of Wales)はイギリス海軍が現在進めている2018年に就航予定のクイーン・エリザベス級航空母艦の2番艦である。[1][2]概要本艦と姉妹艦のクイーン・エリザベスはイギリス海軍史上最大の軍艦になる予定である。それらは多目的の航空母艦として複数の任務に対応する。36機のSTOVLタイプのF-35B統合打撃戦闘機と12機のヘリコプターを搭載する能力を備える。船体は4つのセクションがポーツマス、Rosyth、Barrow-in-Furness、クライドでBAEシステムズとVT グループによって建造される。最終組み立てを行うRosythの1号乾ドックではクイーン・エリザベスとプリンス・オブ・ウェールズのために改修工事が進められている。[3]搭載機は現在はSTOVL能力を備えるF-35が予定されている。当初の計画ではスキージャンプ式滑走路を備えるが将来はCATOBARシステムを備え通常型のF-35CやUCAVであるX-47に似た機体の運用も視野に入れている。2007年7月25日、国防大臣のDes Browneは38億ポンドで2隻を発注した。このニュースは政治家、労働組合に歓迎された。[4]. 両艦ともポーツマス海軍基地を拠点とする予定である。[5]2008年12月11日、国防大臣のジョン・ハットンは2隻の就航が当初予定の2014年と2016年よりも1年か2年遅れると発表した。[2]ただし現在、搭載するF-35の価格高騰により空母としての運用を断念することを表明しており、コマンドー母艦として建造されるとの見方があり、また、BAEシステムズはインドのような空海軍力の増強に力を入れている国への売却に積極的な態度を示しており,事態は流動的である。[6]脚注^ Parliamentary Debates, House of Commons, 2007-07-25^ a b “Aircraft carriers delayed”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7776695.stm 15 December 2008 閲覧。?^ Harding, Thomas (2007-07-26). "£4bn carriers 'will be jewel in Navy's crown'". T

ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員−総務省(時事通信)
ガイドの連携、対応に問題=ツアー会社の危機甘さも−トムラウシ8人凍死・山岳協会(時事通信)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減−厚労省が通知へ(医療介護CBニュース)
【剛腕の威光】(5)小沢氏側近逮捕 東北の談合 「献金は、みかじめ料」 (産経新聞)
posted by ミゾグチ マサミ at 02:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。